2009年12月21日

「JIN -仁-」第11話(最終回) 私には参らねばならぬところがございます

「水というのは不思議なものでございますね

 雨になったり湯気になったり氷になったり雪になったり

 さまざまな姿になるけれど本当はすべて水

 そしてわたしたちの眼には見えずとも

 この世から消えてなくなることはない

 わたくしはそう思います」



「江戸乃町医者物語」であれば別にこの最終回でもいいのだけれど

タイムスリップが前提となっているだけに・・・

続きを見る
posted by 小龍 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(15) | 古典名作etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

「外事警察」第6話(最終回)騙されるなよあの男に

「この世に真実なんてどこにもない

 それでも人は何かを信じる

 騙されようと裏切られようと

 信じることでしか救われないからだ

 お前は何を信じる?」



あの爆発が住本によるものだったのか


こうゆう余韻を残した終わらせ方って・・・

続きを見る
posted by 小龍 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(5) | 古典名作etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

「JIN -仁-」第10話 もどるぜよ!先生!

「小さな蝶の引き起こした嵐は

 起こした蝶をも巻き込んで

 時の波間に消えてゆくのではないだろうか」



まず「坂の上の雲」とかぶる前半30分は

ほんと集中できなくてつらい。。。


タイムスリップの「謎」が・・・


続きを見る
posted by 小龍 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(14) | 古典名作etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。