2010年08月14日

「劇場版 銀河鉄道999(BS再放送)」私はあなたの少年の日の心の中にいた青春の幻影

「いま万感の想いを込めて汽笛が鳴る

 いま万感の想いを込めて汽車がゆく

 ひとつの旅は終わり

 また新しい旅立ちが始まる

 さらばメーテル

 さらば銀河鉄道999

 さらば少年の日よ」



BSで五夜連続で特集していた「銀河鉄道999」


最終日の最後に劇場版を放送


この劇場版のエンディングは・・・


ゴダイゴの曲に入る絵とタイミングが絶妙すぎ。。。




「999」「ヤマト」「あしたのジョー」etc...


この時代の作品って


荒唐無稽さと隣り合わせなのだけど


その荒唐無稽さが圧倒的なスケール感を持った


「サーガ」を作り出して


人間の本質を描き出している











posted by 小龍 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典名作etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。